« お隣の闇 | トップページ | ミカンの皮の悪夢 »

2008年3月29日 (土)

重く生きろ。

あー、明るい話題で書きたかったのに。連日の恐ろしい事件でムシャクシャしてしまった。最近はなんで「自分が落ち込んでたら、関係ない人間を殺しても構わない」と思い込む人非人がこんなに多いんだろう。(ちなみに「人非人」て辞書変換しませんね)昔よく「命は地球より重い」と言われてたけど、最近の地球では星雲を1個破壊するくらい命が粗末にされている。

それとこれを直結させると反発を覚える人間も多いだろうけど、やっぱり「ネット時代の安直さ」が背後にあるような気がするな私は。人格の尊厳を下げ、言葉の持つ重みを下げ、「私が神」だの「誰かが神」だの無茶苦茶な事を言っても裁かれない。しかも無記名で責任感もゼロ。「誰でも良かった」と言って人を害する裏には、「そういう自分も別に誰でもない」という存在の軽さを感じる。殺された人の人生はどうなる。殺した本人の人生は。…「人生」なんて考えてないだろう。「生きてるか死んでるか」という状態のオンオフを認識してるだけで、その命には「人生」という情報量の多い重い物が貼り付いてる、という事まで考えてない。今の世の中で一番大切にされてるのは命ではなく、ネットに流れる情報だ。命なんてドーデモイイとか言う人間が、自分のパソコンや携帯ののデータを消去されたりしたら烈火の如く怒りまくったりするのだ。ネットに個人情報が流され、人生メチャメチャにされる人間もいる。自分の隣にいる人間を裏サイトで誹謗するのは平気な奴が、全く無関係な有名芸能人に何か起きたら傷付く。変だよこんなの。

SFではよく、「人格をデータに移す」とか「データ生命体」みたいな話が出て来る。確かに想像するのは面白い。でも現実の人間はもっと重たく、正体不明の要素が大半で複雑で、とてもデータ化出来るようなものではない。それだけに失われたら取り返しが付かないものだ。自分自身も他人も、「これはこういうもの」と簡単に分析できる時は永久に来ないのだと私は思う。それが、「単なる分かり易い物体」のようにしか扱われない感覚自体に大きな問題が有りはしないか。テレビ等のマスコミで言われる事と、データに残る部分だけで人間が出来てると思い込んでいないか。「人間でいる価値」が暴落してるんじゃないか。少なくとも私は、こんなブログに載せきれる程度の存在じゃないからな。私を知りたい人は、せめてホームページの全ページを読んで下さい。とか言ってみる。

最近の若い奴は大半貧乏じゃないし。どこかの国はともかく、この国では政府に生き方を強要される事もなし。これで体まで健康だったら、「生きる痛み」ってものがないんだろう。貧乏して病気して、ご飯が無事に食べられたり無事にトイレに行けたりするだけでも有り難いなんて思ったら、こんな安直になれないと思うんだが。もう早く火星開発にでも着手して、若い奴は訓練の為どんどん広大な宇宙へでも送り込んだ方がいいかも。(- -)何一つ動くものも生きるものもない世界で、呼吸する事の大変さやかけがえのなさを学んで来て欲しい。

|

« お隣の闇 | トップページ | ミカンの皮の悪夢 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148093/40674764

この記事へのトラックバック一覧です: 重く生きろ。:

« お隣の闇 | トップページ | ミカンの皮の悪夢 »