« ハイハイあたしもしつもーん | トップページ | がんばれ腸捻転国会 »

2008年9月30日 (火)

怒りで自分を壊すものたち

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080930-00000014-jij-int

おおごと。私は経済に弱いので何も分からんが、確か日本にもそういう事があった。バブルと崩壊と大不況。…おんなじ。日本はその時、お金ジャブジャブ浪費した金融機関を、公的資金導入という形で、国民の血税を使って助けた。確かに私もムカついた記憶があるが、結局そうしたお陰でかろうじて危機は乗り切った。アメリカもその手法で解決しようとしてるのだろうが…ここは少し「おんなじ」には行かないようだ。何たって国民の力が強すぎる。

だがアメリカも選挙前。ここは今の日本とおんなじ。与党に当たる上院はしっかり根回しし、法案は通る筈だった。しかし日本の参議院に当たる、下院の反対で否決された。…うわぁこの辺もの凄く、近年の日本とおんなじ。つまり日本の「バブル崩壊時」と「現在」を足し、国民に対して国家の強権が通る、という部分を引き算すれば現在のアメリカになる。日本にも「浪費した金持ちなんか助けるな」「ザマーミロ」みたいな声があるが、これは金持ち、つまりウォール街の投資家を助けるかどうかの問題では済まない。日本で起きてもあれだけの騒ぎだったのに、アメリカの世界経済への影響力は日本どころじゃなかろう。アメリカ発の世界恐慌、という話もそろそろマジ顔で語られている。日本でバカにしてる連中は、そこの所どう思って喜んでるのか。さっぱり分からん。多分対岸の火事、「アメリカの金持ちが困るだけで、こっちに実害はない」と軽く考えてるからだろう。でも、こういう事態でも国民生活に大して影響がないという場合…誰かがどこかで「影響を最小限にする」調整をしてるんだよな。だから大丈夫なだけ。決して影響がない訳じゃない。でも、どーせ庶民には無縁の金融界だから、陰の努力に感謝する人間は、庶民の範疇には誰もいない。

とある有名なキャスターが、したり顔で「当然だと思いますね」「中小企業の工場が破産したって、政府が助けてくれる訳じゃないでしょ?」とかのたまっていたが。それでアメリカが公的資金を出さず、金融不安と株安が進み、輸出関連企業が駄目になり、その日本の「中小企業のオヤジ」が倒産してイッカシンジューでも計ったら…あんた責任取れるのか、と思う。取る訳ない。大体、貧乏な庶民の味方のような顔をしたって、そういうテレビの著名人は金持ちなのである。こんな事公共の電波で断言したからには、株安で倒産したオヤジが出現したら、あんたが私財を投じて助けろよ…と思うのだが助ける訳ない。これも政府の責任、とか言うのが関の山。大体アメリカの法案否決をかばったって、アメリカの納税者の腹の虫をかばうだけで、何ら日本の納税者をかばった事にはならんとゆーのに何のつもりなんだか。リスクを払わなくても一方的に国家が国民を助けるべき、という考えと、リスクなしに一方的にマネーゲームで儲かり続ける、という考えの間に、一体どれだけの差があるというのか。たとえ不本意でもムカついても、あの時日本の取った処置は正しかったのだと私は思った。ただ、そのあとリスクを被って回復しなかった多くの人間は、今でも心から恨んでいる。復讐に今の政府を潰そうとしている。それが自分の首を絞める事になっても、潔く後悔せず破産して倒れていくのだろうか。私は巻き添えになりたくないんだが…無差別犯罪の恐ろしい時代だからなあ。心して自分の身を守ろう。

|

« ハイハイあたしもしつもーん | トップページ | がんばれ腸捻転国会 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148093/42645776

この記事へのトラックバック一覧です: 怒りで自分を壊すものたち:

« ハイハイあたしもしつもーん | トップページ | がんばれ腸捻転国会 »