« 雲の狐の嫁入り | トップページ | たまご爆笑の謎。 »

2011年1月31日 (月)

ルーちゃんぎょうざ・オマケ絵本

昔、「ルーちゃんぎょうざ」というチルド餃子に、オマケの絵本が付いていた。

調べたら、今でも「ルーちゃんぎょうざ」は存在する。焼けばすぐ食べられるタイプの生餃子。商品自体はそんなに変わってないようなのに、メーカーのサイトは絵本の事には全く触れてなかった。

餃子の袋を開けると、ちーさい絵本が出て来る。そうだなータテが3~4㎝くらい。本の装丁の時に切り落とされた端財のような感じ。とじしろは糊で固まってるだけ。だから何度もめくるとすぐページが取れる。表紙には、「ルーちゃん」「ペイネちゃん」と名前の書かれた小人が二人、花か何かを抱えているイラストが載っている。青い服の小人が男の子の「ルーちゃん」、ピンクが女の子の「ペイネちゃん」らしい。中身は、オリジナルの創作童話絵本。全種類は集められなかったが、確か10話くらいあった。それぞれ別のストーリー。絵柄も文体もバラバラで、明らかに何人もの作者がいた。面白いのもそうでないのも(^^)あったが、なんせこれだけ小さい本の中に書かれているので、読むと何かの秘密を覗いたようで妙にワクワクした。

物語の詳細はほとんど忘れたが、覚えてるのは「団地の中で草原に寝転ぶと森に見えた話」、「ルーちゃんとペイネちゃんが絵の具で春の色を塗る話」、あと「扉を開けると別の世界へ行ける話」…なんかだったと思う。一番好きだったのは「空色のへび」。その名の通り空色で、尾の辺りに金色の輪っかが付いたへびが主人公。こいつが敵か何かに追われて逃げて行くと、体が青い空に溶け込み、金色の輪だけがコロコロと転がっていくのだ。イメージが鮮烈なので記憶に残っている。

絶対全種類集める!と思っていたのだが、残念ながら夕食のメニューを決めるのは子供の私でなく親だった。そういつも餃子ばかりは作ってくれない。たまに作っても、出た絵本は持ってる話と被ってたりして何度かガッカリさせられた。…やがて、袋を開けても絵本は出て来なくなった。オマケ期間が終わったのだろう。読めなかった数話がとても気になったが、手に入れる方法はもうなかった。集めた分の絵本も長いこと大事に保管していたのに、なんせそーいう装丁なので、分解していつか無くなってしまった。

今、ネットで調べてもこの「ルーちゃん絵本」の資料はほぼ存在しない。どこへ行ったのだろう。私と同じように熱心に集めてた子供も、本の作者や関わった人間もいるだろうに。もし可能ならもう一度、読めなかった分を含めて全部読みたい。ルーちゃん絵本は私の、そこはかとない記憶の風穴である。

|

« 雲の狐の嫁入り | トップページ | たまご爆笑の謎。 »

幻のアイテム・こんなんあったよね」カテゴリの記事

コメント

突然の書き込みで失礼いたします。
私も水色の蛇が好きでした・・
最後はわっかだけになってしまう・・
本も確かにあります

石畳に消えた少年を読みたかったのですが、おまけ期間がおわってしまって読めなかったです。


本当にネット探しても出てきませんね

なんだか不思議な思い出です。

投稿: まきこ | 2011年2月13日 (日) 21時33分

まきこ様・
ルーちゃん絵本をお持ちなんですか!
うらやましいです。

この絵本をもう一度読みたい、という人がもっといれば、
情報を交換したり、復刻を呼びかけたり
できるかも知れませんね。

投稿: いくたまき | 2011年2月14日 (月) 07時09分

なんだかきになって問い合わせてみました(私は暇人か・・)

down
いつもご愛顧の程、ありがとうございます。
お問合わせの件ですが、弊社でも昨年、創立40年迎え記念にと設立からの足跡を追ってみたのですが、
当時の冊子がどうしても見つからず、資料等も残っておりませんでした。
誠に申し訳ございません。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

本当にみんなによびかけて 読んでみたいですね。

なんだか気になる(笑)

投稿: まきこ | 2011年2月14日 (月) 21時33分

まきこ様・
お問い合わせお疲れ様でした。<(_ _)>
私はそこまでする勇気がなかったなあ…

ほんとに「ルーちゃん絵本を探せ!」みたいなサイトを作って
記憶のある人を募った方がいいかも。
メーカーにすら資料がないんでは…

いくらか、まだ現物を持ってる人もいるかも知れません。
それを集めれば、あるいは10話そろう可能性も。
取り込んだ画像のデータで集めれば、本自体は
失くしたり傷めたりしないで済みます。
資料すらないなら、きっとメーカーさんも
著作権の苦情は言わないでくれるでしょう。(^^)

投稿: いくたまき | 2011年2月15日 (火) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148093/50740608

この記事へのトラックバック一覧です: ルーちゃんぎょうざ・オマケ絵本:

« 雲の狐の嫁入り | トップページ | たまご爆笑の謎。 »