« 赤玉鉄砲の悲劇。 | トップページ | 宇宙人、それともあの… »

2011年2月 4日 (金)

あの二人がどつき合うオモチャ

これは…多分今でも持っている筈だ。買ったのは結婚してから。埼玉に住んでいる頃じゃないかと思う。捨てた覚えはないから、押し入れのどこか人跡未踏の奥地に眠っている。

オモチャである。箱の上、黒○徹子さんそっくり人形と、塩沢○きさんそっくり人形がでかいトンカチを持って向かい合っている。二人の背後の箱の端にレバーがあり、操作すると、なんとこの二人がどつき合いを始めるのである。二人の間には、値札の付いた「バーゲン品」が置いてあったと思う。バッグだかアクセサリーだか忘れたが、これを取り合って戦うという設定らしい。トンカチで相手をぶっ倒した方が勝ち。オモチャの名称は確か「山の手婦人」。決して「○柳」とも「○沢」とも書いてないが、誰がどー見たってモデルは間違いようがない。…発見した時は驚愕した。ついで、私もやまくんも大ウケした。思わず買ってしまった。何度か遊んだと思うが、壊すと嫌なので「これは永久保存版」と決めて片付けた。…記憶は以上である。塩○さんの「巨大なヘアスタイル」が話題になってた頃だ。まだバブルで、うちも世間もつまらない物に金を使っていた。

○沢さんが亡くなった時、とっさに脳裏をよぎったのはこのオモチャだった。…信じられなかった。あの、ゴージャスで生命力のカタマリのように見えた人が、長い癌との闘病生活を送っていたとは。オモチャはもうどこに行ったのか分からなかったが、もし見たらギャップですごく悲しくなったに違いない。…「うるさいやつ」「元気すぎ」「殺したって死なない」、そんなイメージで笑いの種になる人間は、芸能界に限らずあちこちにいるが、裏までが必ずしも日なたであるとは限らない。それでも望んで元気さを売りにしてきたなら、人に弱っている姿を見せたくない、暗い姿で記憶されたくないと思うんじゃないだろうか。自分の事を思い出した時、明るく「あの人面白かったね」と言って欲しいんじゃないだろうか。…そんな気がするのだ。だから私はこの肖像権侵害の「ひでぇオモチャ」を今でも悪い物とは思わない。いつか発見したら、また二人に元気にどつき合いをさせて遊んでみたいと思う。

ちなみに、塩○さんのライバル役のあの人は…まだ元気だ。よかった。この際、「ツタンカーメンの頃から生きている」と言われようが、「ヘアスタイルの中に謎の物体が埋まっている」と言われようが、末永く元気で頑張っていただきたいと願っている。

|

« 赤玉鉄砲の悲劇。 | トップページ | 宇宙人、それともあの… »

幻のアイテム・こんなんあったよね」カテゴリの記事

コメント

私のお気に入りのブログです☆これからも楽しみにしていますね!(^ー^)b

投稿: コロネ | 2011年2月13日 (日) 14時49分

コロネ様・
コメント有り難うございます。(^^)
楽しんでいただけて、私もとても嬉しいです。

投稿: いくたまき | 2011年2月13日 (日) 18時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148093/50772178

この記事へのトラックバック一覧です: あの二人がどつき合うオモチャ:

« 赤玉鉄砲の悲劇。 | トップページ | 宇宙人、それともあの… »