« トイレの紙様ごめんなさい | トップページ | 隠された怪談・殺風景な部屋 »

2011年3月 8日 (火)

蝶は義理堅いのだⅡ

ごく近年の話。(^^)

フリーのフラッシュ製作ソフトでネット脱出ゲームを作った。…脱出ゲームは結構好きで、フラッシュ以外の変な方式で何個か作った事はあるが、本格的なものはそれが初めて。一作目は、「椅子な脱出」という。これは別にいいんだが…二作目に作った「待合室」が、なんかちょっと… 作ってて自分でも不可思議な事があった。

そもそも「椅子な脱出」を作り終わってグッタリしてたから、二本目までやる気はなかったのである。設定も「田舎の駅の待合室からの脱出」というだけで、始めはアイデアすらろくに出てなかった。…なのに、何か他の作業をしようとしても、これが頭に浮かんでしょーがなくなる。ついに、「えーいこれじゃ作った方がマシだ!」と製作に踏み切った。詰まってた謎解きのネタは、「そうだ、昆虫を使おう」と思いついたら、あと全部出せた。いやあ虫のおかげ。(^^)絵やシステムの製作も大変だったが、入れ込んでいるので苦にならない。で…クリアアイテムの入ってる最後の宝箱の仕掛けを考えた時、パスワードは謎を解けば見られるので、あと一つカラーコードも付けようと考えた。色を正しい順番で並べないと開かない。その色のヒントはどうする…? 「蝶にしよう」と思った。この際昆虫づくしで。誰でも知ってる蝶を白黒で描き、羽の色をヒントにすればスッと解いてくれるだろう。今ここで書いてしまうが、選んだのはアゲハチョウ、アオスジアゲハ、アカタテハ、トリバネアゲハである。

アゲハチョウの幼虫は柑橘類の木に付く。庭木にする家も多いから、町でも結構飛んでいる。アオスジはややレアだが有名だし、ちょっと近くに雑木林でもあれば見られる。アカタテハは野原の足元によくいる。どれも日本の平地に普通に生息する種だ。トリバネアゲハだけは…東南アジア産で、美しいので乱獲されて最近は希少だが、昔は昆虫図鑑の最後の方の「世界の大きな昆虫」とかの特集ページに必ず載っていた。模様も特徴的だし、図鑑を見れば分かるだろう。一つくらい難易度を高くしてもいいよな。…という訳でこの4種にしたのだ。さて、完成したゲームをアップし、プレイしてもらい、ミスがあって慌てて直したり…ともあれ公開に漕ぎ着けた。難し過ぎるとか(^^;)評価は色々あったようだが、おおむね喜んでもらったと思う。しかし、作者としては思いもよらなかった感想が多くあった。「蝶の羽の色が分からない」というのだ。

え?…蝶の色はこのゲームの謎の中で、一番易しい部類だと思っていた。模様だけでも分かるだろうと。しかし「分からない」「図鑑を調べまくって大変だった」という声が多数。「ゲーム中に蝶の羽の色のヒントがないのはおかしい」というクレームまで。最近のネットやる人たちは全然見た事ないのか?…少し悩んだ。(- -;)何かヒントをと言われても、私はそれ以上のヒントをゲームの中に入れたくなかった。むしろ近所を観察したり、いなければちょっと郊外の野原に散歩に行って欲しかった。別に今すぐ解けなくても、どこかで蝶を見かけてからクリアしたっていいじゃん。その辺にいる蝶なんだから。…そういう考えはネット住人には通じないのかなあ。と、少し悶々としていた頃。…蝶たちがうちに訪れたのだ。

始めはアゲハチョウだった。私の目の前をヒラヒラ飛び、うちの庭の伸び放題で雑草化したパセリの花に止まった。人間がいるのに逃げもせず、しばらく悠然と羽ばたいて美しい羽を見せびらかす。…ほんとに「見せ」ているように思える。平凡なアゲハチョウでも…こうやって近くで見るとほんとに美しいなあ。などと感心していると、やがてゆっくり飛び去った。私には「ゲームに出してくれてありがとー」と言っているように思えた。まあ、自分に都合のいい解釈だが。

次にアオスジアゲハが来た。アオスジは低い所は飛ばないので、少し見上げる格好だったが、ともあれ庭を通った。アゲハより人間に近付きたがらない蝶なのに、よく来てくれたと思った。「4羽の蝶・その2」にも会えたと喜んでいたら…後日アカタテハも来た。庭の雑草の上でパタパタしている。「4羽の蝶・その3」だ。1羽や2羽なら偶然だろうが、3羽まで来るとはただ事ではない。(^^)無論、毎年庭で見掛けるほどたくさんいる訳ではないのだ。…だが、4羽目の「トリバネアゲハ」だけは絶対目撃不可能である。なんせ日本にはいない。3羽が来ただけでも凄い事だ。…しかし、その後私は4羽目を「目撃」するのだ。

やまくんの車で、スーパーに買い物に行った時のこと。近所なのでナビはテレビにしていた。…ちょうど夕方で、テレビにニュース映像が映る。「違法に輸入された珍しい蝶が押収されました」…ええっ!? アップになっているのは、確かに「4羽の蝶・その4」トリバネアゲハじゃないか。電波が悪く画像は汚かったが、あの模様と色は間違いようがない。家に帰って再び見たニュースでも映っていた。…まさか。考えてみて欲しい。最近テレビに蝶がアップで映る事なんて何回あるだろう。しかもそれが、絶対見られないと思っていた「最後の1羽」なのだ。偶然にしても出来過ぎている。…無論映ってたのは標本な訳だが、私には、トリバネアゲハが他の3羽に負けじと「あたいはここー」と存在を主張したように思えたのだ。

こうして…その夏、私はゲームに登場させた蝶全てに会う事が出来た。あるいは、私がゲームに出したから現れたのではなく「そうよ、あたしたちは現実にいるのよ。もっとちゃんと観察して欲しいわ」と、蝶が世間に自分をアピールしたかったのかも知れない。ファンタジーな解釈が過ぎるだけで、つまらない偶然かも知れないが… 下宿にいた頃のモンシロチョウの事件もあるし、以降私の考えでは「蝶は作品に登場させたら、ちゃんと挨拶に来るほど義理堅いのだ」という事になった。(^^)

|

« トイレの紙様ごめんなさい | トップページ | 隠された怪談・殺風景な部屋 »

自分のビミョーに奇妙な体験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148093/51062436

この記事へのトラックバック一覧です: 蝶は義理堅いのだⅡ:

« トイレの紙様ごめんなさい | トップページ | 隠された怪談・殺風景な部屋 »