« フリッパーとわんぱく中高年。 | トップページ | 蝶は義理堅いのだⅠ »

2011年3月 1日 (火)

人生で一番ツイた瞬間。

私は大体クジ運がない。(^^)思い出す限り、クジに当たって何かもらった…というのは、小さい時の駄菓子屋、高校の時のアイス、そして「これ」の3回だけだ。駄菓子屋の方は、もう記憶がほとんど消えているので気のせいかも知れない。滅多に買わないのに、ある日思い切って買ったらチョコが当たった。…気がする。駄菓子屋にしては大当たりだから喜んで食べた。…食べた瞬間、「シュワ」と口の中で溶けて消えた。チョコならではの「トロ」がまるでない。何で出来てたんだ。あれ本当にチョコだったのか。(^^)…あと。高校の学食の食堂でアイスを売っていて、そこで「チョコバリ」というアイスを食った。食い終わって棒を見たら「もう1本」と書いてあった。オニの首を取ったよーに嬉しくて、3年間チョコバリを食い続けたが…二度と当たらなかった。が、まーそんなせこい思い出はいいとして。

高田馬場で漫画を描いていた頃。数回仕事をした某出版社から、パーティの招待状を貰った。その頃はまだバブルで景気が良く、出版社もあまり縁の深くない作家にまで気前良くサービスしてくれたのだ。私と違って売れっ子、金持ちの漫画家センセイの中に混じるのはすごく気が引けたが、多少仕事しててもまだまだビンボだった私としては、「食費が浮く!」というだけでこの招待は落とせなかった。

…細かい事は忘れたが、かなり華やかなパーティだったと思う。立食バイキング、好きな物を食べていい。メニューも結構豪華。(^^)着飾ってオホホと談笑する出席者を物ともせず、私はその間を走り回って食った。食った。また食った。ローストビーフ、エビ、あとキャビアらしき物があったのを覚えている。…本物だったなら、この時食ったのが生涯初の、そして多分生涯最後の(^^;)キャビアだろう。誰か知り合いがいて、「あれが○○先生だよ」とか教えてくれた気がするが…すいません食い物だけで、出席者の事は何も覚えていません。<(_ _;)>

パーティの最後に、定番のくじ引きがあった。入場の時にもらった番号札と同じ番号が出れば賞品がもらえる。会場の奥を仮の舞台にし、そこにクジや賞品が並べられ、進行役が説明を始める。…1等は何か忘れたが、電化製品だったかな? もちろん一番高いものだが、私はぜんぜん興味がなく、生意気にも「なんだ、あれだったらいらねーや」とか思っていた。しかし2等は「ジバンシーのコーヒーセット」だったのだ。…これは欲しい!と思った。なんせコーヒー大好きで、1日5~6杯は飲んでたが、素敵なカップってのを持ってなかったのだ。長年愛用のマグも小汚くなった。そこで出会った高級なコーヒーセット。…モノを、あれだけ素直にストレートに「欲しい」と思った事はあまりない。私は隣にいた奴に笑顔で話しかけた。「もし私が1等取ったらあんたにあげる。その代わり2等が出たらちょうだいね」…パーティのノリの軽口に過ぎなかった。しかし。

マジ。私のクジ引き換え番号は、2等のコーヒーセットに大当たりしたのだ。

大びっくり!しながらも、私は大喜びで舞台へ名乗り出て、ジバンシーコーヒーセットの大箱を抱えて戻って来た。さっき話し掛けた人に「2等だから私のね」と言ったかどうかは定かでない。多分、人生で一番「幸運の女神」が降りた瞬間だったんだろう。…でもその後は体調を崩したり、住んでた下宿が地上げ屋に買い叩かれて転居するハメになったり、結婚したり…ロクな事がなかった(^^)。幸運はまれに人に訪れる。しかし、その代償としてどこか別の部分に回されているラッキーが回収されてしまうんじゃなかろうか。だから私はそれ以降、クジや賭けの類には一切夢を持たない事にしている。

余談だが…このコーヒーセットは今でもうちにある。カップ以外は。(^^)カップは邪魔なので親にでもあげたかな。ブランド品だが、良く見ると真っ白なだけで面白くも何ともないから、結局あまり使わなかったのだ。ブランドカップでコーヒーを出してあげたい客も別に来ないし。でもまあ、「当てた」という事実が肝心だから別にいい。ちなみに、コーヒーは今でも、下宿時代以来愛用の「小汚いマグ」でおいしく飲んでいる。

|

« フリッパーとわんぱく中高年。 | トップページ | 蝶は義理堅いのだⅠ »

自分のビミョーに奇妙な体験」カテゴリの記事

コメント

こんちは。

高校の学食の食堂で思い出したんですけど
自販機の紙カップでDrペッパー売っていませんでしたっけ。
関西ではとっくの昔に消滅したのに、
東京ではいまだにあるおかしな飲み物
(さすがに缶しかないけど)。

ちなみに、この自販機は、麦茶を売っていた事もあるのですがすぐに消えてしまった。
ポカリスエットすら世間に受け入れられるかどうか
微妙だった時代。ウーロン茶などあるわけなく、
すごく大胆なメニューだったと思ってますが。。。

投稿: Red Viking | 2011年3月 1日 (火) 02時54分

Red Viking様・
あー…あったっけですか?(←変な日本語)
「ドクター○ッパーを飲むと恐い事が起こる」という
不吉な噂があったので、目が避けてたかも…
(恐い事って「超マズイ」とゆーだけの話ですが(^^;))

私はもっぱらコーヒーのブラックでした。
お茶もあまり飲まなかったなー。
(その辺、ちょっと思い出があるので
いずれまた書きます。)

投稿: いくたまき | 2011年3月 1日 (火) 13時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148093/50999566

この記事へのトラックバック一覧です: 人生で一番ツイた瞬間。:

« フリッパーとわんぱく中高年。 | トップページ | 蝶は義理堅いのだⅠ »