« 映画とシンセとアメリカの朝食 | トップページ | 四国のダブルコラボ怨霊! »

2011年5月 1日 (日)

淀長さんの怪談。

ずいぶん昔。…と言っても年代はまるで分からない。「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」で有名な、映画解説者の淀川長冶さんがまだご存命だった頃だ。淀長さんが、自分の体験談としてある雑誌に「怪談」を寄稿していた。この方は映画の話以外は滅多にしなかったと思うので、当時でも「珍しいな」と思って強く印象に残っている。ただ、このエピソードが氏のエッセイ集か何かに収録されているものか、それともあの雑誌記事だけで消えてしまったのかが私には分からない。他に記憶してる人はいないだろうか。

内容の細かい所は忘れたし、違ってるかも知れない。が、大体こんな話だ。…淀長さんは母親をとても大切にしていて、親孝行で有名だった。しかしそのお母さんにも死期が迫ってきた。…ある時、淀長さんとお母さんがいる部屋の四隅に黒い影が現れた。ひざまずくような格好で、彼らはこう言った。

「お迎えに参りました」

すぐにお母さんの事だと分かった淀長さんは驚いて、「あと○ヶ月待って下さい」と言った。…この辺記憶がハッキリしない。3ヶ月だったか2ヶ月だったか。まあとにかく、それを聞いた黒い影たちは「分かりました」か何か言ってそのまま消えてしまった。そして、淀長さんが口走ったのと同じ時間が経過した頃、本当にお母さんは亡くなられたという。…こんな話。和田誠氏か、もしくは和田誠そっくりの見開きイラストが付いていた。「黒い影」は角のある悪魔のような形に描かれていて、多分死神だろうと思わせた。それが極めて丁寧な態度で、執事のようにうやうやしくお母さんを迎えに来たというのが鮮烈で、「やはり淀長さんの親孝行がアチラの世界でも分かっていて、そういう人にはそれなりの礼節のある態度で告知に来るんだろう」と思った記憶がある。

永遠に生きている人間はいない。…でもどうせなら、ずさんに「オラ行くぞ!さっさとしろ!」と連行されるのではなく、丁寧に優しく迎えに来てもらえるような終わり方をすべきなんだろうな。(- -)などと思わせる話だ。

|

« 映画とシンセとアメリカの朝食 | トップページ | 四国のダブルコラボ怨霊! »

珍しいものを見た」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
昔「メディウム」で先生の作品を拝読していたものです。抒情と怖さが迫る作風が、子供の頃は難しいと感じていましたが、大人になってから読むと心に非常に響いております。

さて淀川氏の体験ですが、たしかに和田誠さんが挿絵を書かれていたものかと思います。「和田誠百貨店」という本に収録されなおしていまして、絶版ですが中古などで入手は容易かと思われます。
たしかに他の怪談とはかなりテイストの違った内容で非常に印象的でした。

それではひとまず失礼いたします。
先生もなにとぞお元気でいてくださいませ。

投稿: U | 2012年8月31日 (金) 00時35分

U様・
お返事が遅れてすみませんでした。
メディウムを読んでて下さったのですか。
有り難うございます。<(_ _)>
いつか手作りで復刻したいです…

あの怪談、ちゃんと本に収録されて
残ってたんですね。
教えて頂きましてどうもです。
ちょっとネットで探してみようと思います。

投稿: いくたまき | 2012年9月 3日 (月) 08時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148093/51540868

この記事へのトラックバック一覧です: 淀長さんの怪談。:

« 映画とシンセとアメリカの朝食 | トップページ | 四国のダブルコラボ怨霊! »